繊維製品の取扱い表示(JIS規格)

  1. HOME
  2. 製品を知る
  3. 繊維製品の取扱い表示(JIS規格)

繊維製品の取扱い表示について掲載しています。

繊維製品の取扱い表示(JIS規格)

記号 意味
洗い方
(水洗い)
95度以下マーク 95℃以下の液温で洗える。
(家庭用洗濯機は高液温に
耐えない場合がある)
60度以下マーク 60℃以下の液温で洗濯機で
洗える。
40度以下マーク 40℃以下の液温で洗濯機で
洗える。
弱30度マーク 40℃以下の液温で
洗濯機の弱水流で洗う。
手洗い30度以下マーク 30℃以下の液温で洗濯機の弱
水流、または弱い手洗いで洗う。
ネット使用マーク 取り扱い上ネット使用。
中性洗剤マーク 中性洗剤を表す。
手洗い30度以下マーク 30℃以下の液温で手で
弱く洗う。
水洗い不可マーク 水洗いはできない。
塩素漂白の
可否
塩素漂白OKマーク 塩素系漂白剤で漂白できる。
塩素漂白不可マーク 塩素系漂白剤で漂白できない。
絞り方 弱く絞るマーク 手絞りの場合は弱く、遠心脱水
の場合は短時間で絞る。
絞ってはいけないマーク 絞ってはいけない。
ドライ
クリーニング
ドライクリーニングOK ドライクリーニングができる。
溶剤はパークロルエチレンまた
は石油系のものを使用する。
石油系溶剤使用マーク ドライクリーニングができる。
溶剤は石油系のものを使用する。
ドライクリーニング不可マーク ドライクリーニングはできない。
干し方
釣り干しマーク つり干しにする。
日陰釣り干しマーク 日陰でつり干しにする。
平干しマーク 平干しにする。
日陰平干しマーク 日陰で平干しにする。
アイロンの
かけ方
高温アイロンマーク アイロンは210 ℃を限度とし、
高い温度(180~210 ℃) でか
ける。
中温度アイロンマーク アイロンは160 ℃を限度とし、
中程度の温度(140~160 ℃)
でかける。
低温アイロンマーク アイロンは120 ℃を限度とし、
低い温度(80 ~120 ℃) でか
ける。
当て布使用マーク 当て布使用。
アイロン不可マーク アイロンかけはできない。
表示の
しかた
表示のしかたマーク
記号 意味 記号 意味
洗い方
(水洗い)
95度以下マーク 95℃以下の液温で洗える。
(家庭用洗濯機は高液温に
耐えない場合がある)
ドライ
クリーニング
ドライクリーニングOK ドライクリーニングができる。
溶剤はパークロルエチレンまた
は石油系のものを使用する。
60度以下マーク 60℃以下の液温で洗濯機で
洗える。
石油系溶剤使用マーク ドライクリーニングができる。
溶剤は石油系のものを使用する。
40度以下マーク 40℃以下の液温で洗濯機で
洗える。
ドライクリーニング不可マーク ドライクリーニングはできない。
弱30度マーク 40℃以下の液温で
洗濯機の弱水流で洗う。
干し方
釣り干しマーク つり干しにする。
手洗い30度以下マーク 30℃以下の液温で洗濯機の弱
水流、または弱い手洗いで洗う。
日陰釣り干しマーク 日陰でつり干しにする。
ネット使用マーク 取り扱い上ネット使用。 平干しマーク 平干しにする。
中性洗剤マーク 中性洗剤を表す。 日陰平干しマーク 日陰で平干しにする。
手洗い30度以下マーク 30℃以下の液温で手で
弱く洗う。
アイロンの
かけ方
高温アイロンマーク アイロンは210 ℃を限度とし、
高い温度(180~210 ℃) でか
ける。
水洗い不可マーク 水洗いはできない。 中温度アイロンマーク アイロンは160 ℃を限度とし、
中程度の温度(140~160 ℃)
でかける。
塩素漂白の
可否
塩素漂白OKマーク 塩素系漂白剤で漂白できる。 低温アイロンマーク アイロンは120 ℃を限度とし、
低い温度(80 ~120 ℃) でか
ける。
塩素漂白不可マーク 塩素系漂白剤で漂白できない。 当て布使用マーク 当て布使用。
絞り方 弱く絞るマーク 手絞りの場合は弱く、遠心脱水
の場合は短時間で絞る。
アイロン不可マーク アイロンかけはできない。
絞ってはいけないマーク 絞ってはいけない。 表示の
しかた
表示のしかたマーク

出典:「ファッションピシネス用語辞典 改訂版」文化出版局